2014年10月01日

FXテクニカル分析 目次

FXテクニカル分析

はじめに

第1章 テクニカル分析とは

■FXトレードにおける2つの分析手法

■なぜ価格は上がるのか?

■トレードには2種類しかない

 

第2章 トレードルールを作ることが利益を上げる秘訣

■毎日のトレードは、根拠をもって行う

■トレードルールとは?

■トレードルールは3つの側面から成る

■あなたは始める前から利益を確認できる

■ルールの4つのメリット、1つの問題

■あなたの利益を左右する2つの数字

 

第3章 トレードルールにおけるテクニカル分析の役割

■テクニカル分析の役割

■トレードルールのどの要素へテクニカル分析を使うか

 

第4章 テクニカル分析実践

■テクニカル分析の目的

■テクニカル分析を構成する最も大きな要素

 

①価格そのものを利用する方法

■ローソク足(ひげ、十字線、リバーサルデイ)

■サポート・レジスタンス(HLバンド、トレンドライン)

 

②価格のパターンを利用する方法

■チャートパターン(レンジ、三角もちあい、フラッグ、ペナント、ダブルトップ・ボトム、ヘッド&ショルダー)

■ダウ理論

 

③価格を元に計算して算出するいわゆるテクニカル指標

■MA(価格と終値、二本のクロス、パーフェクトオーダー)

■MACD(クロス、ダイバージェンス)

■RSI(順バリ、逆張り、ダイバージェンス)

■ストキャスティクス

■ATR(ボラティリティを判断)

■ボリンジャーバンド

■ADX(トレンドの状態を判断)、+DI/-DI

■RCI

■パラボリック

■テクニカル指標の分類

 

④FX市場の特性を活かす方法

■東京市場、欧州市場、NY市場の値動きの違い

■マルチタイムフレーム(複数の時間枠で同じサイン)

 

⑤目標価格を計算する方法

■フィボナッチ(リトレースメント、エクスパンション)

■N計算値、E計算値

■ピボット

■テクニカル指標まとめ

 

第5章 資金管理を身に着ける 全ての投資の土台は資金管理にある

■あなたの資金を増やすために

■資金管理は損失管理

■確実な資金管理の第1歩

■あなたにとって適切な損切りポイントはどこか?

■あなたに最適なトレードサイズ

 

第6章 自分のトレードルールを作る

■あなたが10年後も利益を上げるために

■複数のテクニカル指標を使った実践的なトレードルールサンプル

 

おわりに

[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

(ライター:104m)