2015年12月24日

スーパートレーダー・マストハブアイテム:リストレスト付きマウスパッド

図①

正確なカーソル捌きをサポートするマウスパッドは、私たちトレーダーにとって必要不可欠。選ぶべきは断然、ハードコートです。手首のわずかなスナップでマウスを俊敏に動かせるように摩擦を低減させたタイプが特にオススメです。エレコム「カンフィーMP-096GY」1500円(税別)

というわけで、軽快なマウス操作を実現するマウスパッドは最低限手に入れていただくとして、さらにもうひとつ、リストレストも強力にオススメします。ズバリ、私自身がこの1年間使い続けて、手首の疲れがガクーンと減ったのは、このリストレストのおかげだと思っています。やっぱり、こうしたグッズが売れるには理由があるわけでして、モノは試しで、とっとと使ってみるべきだったなーと私つくづく思いました。

 

ちなみに上の写真は、ハードコートのマウスパッドとリストレストが一体となった“夢のタッグ”モデル。私もこちらを愛用しています(※ちなみに、見た目がまったく同じで、マウスパッド面がソフトタイプもありますからご注意を。もちろんお好みですけれども……)。

 

トレーダーのマウス操作は非常に繊細です。ロウソク足にカーソルを当てて、4本値の数値を拾っていくわけですが、隣同士のロウソク足の数値を見比べる時のカーソルの僅かな動きといったら、他に例えようがありません。

 

きっと周囲からみたらほとんど手を動かしてないようにも見えるでしょう。幼少の頃に遊んだ「ダルマさんが転んだ」なら、間違いなく気づかれぬまま。逆に、少しでも動かし過ぎると、せっかくカーソルをターゲットに近づけたところで、対象から遠く離れてしまいます。そうすると緊張の糸が一瞬にして解けてしまうんですね。集中力を切らさないためにも、操作ミスはぜひとも避けたいところです。

 

ところがです。そんな時にも、このリストレストがいい! 手首の支えを軸にしてマウスを確実に動かすことができるんです。リストレストを使うと、僅かな動きが、とたんに安定感を増しはじめます。

 

しかも、狙いを定めたところにスムーズにカーソルを滑り込ませる気持ち良さったら、もうたまりません。安定したドライビングポジションと、狙い通りの操作フィール。これをBMW的に表現するならば「駆け抜ける喜び」です。ん? とにかく心は常に落ち着き、作業に集中することが可能となります。

 

さらにマウスパッドの傾斜にもご注目ください。マウスを握った手が最も落ち着くポジションになるように、パッド面が緩やかに前方へ傾斜しています。このデザインもグッドです。手首はほどよくストレッチできているから、疲れにくいんだと思います。

 

そしてリストレストには21個の凹部がありますが、その形状が蒸れを防ぎ、通気性を高めているそうです。この凹部を指の腹でなぞり、ちょっとした刺激を与えて気晴らしもします。またマウスパッドの底面はエラストマーで、ズレにくくなってます。マウス操作中にパッド自体がズレることがありません。

 

ちなみに、リストレストとマウスパッドが分離するタイプも出ています。これだと、手首の角度に合わせてリストレストを最適な位置に置くことができるので、さらにいいかもしれません。そうはいっても、私はあくまで一体型フォルム派です。どうしてもリストレストを斜めにしたい場合は、マウスパッドごと斜めにしてしまうズボラな性格でございます。
図②

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket

(ライター:104m)