2015年10月12日

10月12日のニュース:景気足踏み 長引く

日本経済新聞2015年10月12日1面記事より
景気足踏み 長引く
中国減速、生産に波及

景気の足踏み状況が長引く恐れが出ている。中国経済の減速が日本企業の生産や輸出に影を落とす。賃上げの追い風が期待された個人消費は食料品などの値上がりが足を引っ張る。企業収益や雇用は好調を保ち、設備投資や個人消費にどこまでつながるかがポイントになる。日本経済は回復を持続できるかの分岐点にある。(日本経済新聞より)

 

足元で、食料品や衣料品の値上がりが続いています。日経・東大日次物価指数は直近で前年比1.5上昇していると、記事にあります。物価の影響を除く8月の実質賃金は前年比0.2%増で、物価の値上げで賃上げでの恩恵を実感できていない状況です。

これは円安による輸入原材料の上昇や人件費の上昇の影響による物価高の進行であり、日銀が当初より目指している「物価上昇率目標2%」に近づいていることを意味しています。しかしながら、賃上げの上昇率が物価の上昇率に追いつかなければ、家計負担の圧迫につながり、個人消費にネガティブに働く可能性があります。

 

円安は製造業にとって収益を押し上げますが、中国の景気減速により企業にデフレの足音が忍び寄っており、注意が必要です。

円安の傾向は定着し、日銀が安定的物価上昇率の目標を2%と設定し各種の金融方針を打ち出す以上、私たちの身の回りの品の物価が上昇していくことは、ある程度想定内の出来事といえます。その時に、投資家として物価上昇を補うだけの投資手段を持つのか、それとも何も備えずに、ただ物価上昇に手を焼くのかは、私たちの準備と行動にかかっています。

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket

(ライター:104m)