2016年03月18日

3月11日のニュース:欧州中銀が追加緩和

日本経済新聞2016年3月11日1面記事より
欧州中銀が追加緩和
量的緩和拡充 マイナス金利拡大

 

欧州中央銀行(ECB)は10日の理事会で包括的な金融緩和策を決めた。銀行が余剰資金をECBに預けた際に課すマイナス金利を現在の0.3%から0.4%にする。国債などを大量に買い取る量的緩和の規模も拡大する。原油安で低迷する物価をてこ入れする狙いがある。(日本経済新聞より)

 

ドラギ総裁は理事会後の記者会見で「物価安定という政策目標が大きなリスクにさらされている。対抗するために包括策を決めた」と語り、物価の低迷に焦るECBは2015年12月に続きわずか3カ月で、追加緩和策を打ち出しました。

 

この発表後に、一旦ユーロは急落、しかしながら、その後の記者会見でドラギ総裁が、「追加利下げが必要になるとは思わない」と発言したことが伝わると上昇に転じ、乱高下の展開となっています。既にユーロは、対米ドルにおいて昨年2015年3月に安値をつけた後、安値を割り込まなくなっており、ECBのマイナス金利導入は思惑のようなユーロ安にはつながっていないことが分かります。
ユーロ/米ドル 日足チャート 2016年3月10日
160310ユーロ米ドル日足

またドイツの株価指数(DAX)を確認すると、2月初旬に安値をつけた後、安値を切り上げる上昇が続いており、これは原油市場の反発と機を同じくするものです。以上のことから、ECBが焦る物価安定の大きなカギを握り、同時に各国の金融市場にも大きな影響を持っているのが、実は原油市場であり、原油市場の動きに影響されながら、各国の中央銀行の政策効果の是非が占われていく気配が漂っています。

DAX 日足チャート 2016年3月10日
160310DAX日足

NY原油先物 日足チャート 2016年3月10日
160310NY原油日足

世界の市場がかつて経験したことのないマイナス金利を導入したECB、そしてそれに追随している日銀の政策の効果は、原油市場に翻弄されながら、その見極めの時間を過ぎていきます。通貨、株式、商品のそれぞれの市場が様々な材料により確かに連動していますので、それぞれの動きの中にリスクとチャンスを確認し、今後の行動に結びつけていく必要があります。

チャート出所:「Edge Trader」 インベストメントテクノロジーズ(株)

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket

(ライター:104m)