2015年03月30日

第27回 孤独:人生における孤独の役割

明治大学文学部教授で教育学者の齋藤孝氏の著書「孤独のチカラ」の中に、「ひとりの時間とは基本的に自分を鍛える時間、何かを技に変えていくために費やす時間だ」、「人は孤独な時にこそ力を伸ばすことができる」というくだりがある。確かにその通りで、独りで深く物事を探求し、極めようとする先に力や技を身につけることができる。

 

また新しいものを創造することは、独りの時間でしか行うことができない。投資においても、技や力を身に着け伸ばすのは、独りの時間、つまり孤独の中にある。人生についても同じで、独りの時間を恐怖や嘆きではなく、探求と創造の時に変えることができた時、新たな力と技を身につけ、一段高いステージへ上がるはずだ。孤独を恐れるのではなく、力に変えていけば、人生は更に輝きを増す。

(FX攻略.com 2014年2月号掲載)

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket

(ライター:104m)