2015年05月11日

第33回 投資を楽しむ:人生を楽しむために

私は、全ての投資家が、投資を始める時点において、功利主義的な崇高な目的で投資を始めることを知っている。多くの投資家に、「なぜ投資を始めたのか?」と質問をする時、最も多い答えは、「家族を幸せにしたい」というものだ。あなたは、自分のためだけではなく、家族の幸せのために投資を始めたはずだ。それは功利主義以外の何物でもなく、多数の人の最大幸福を目指した誇るべき行為なのだ。

 

米国の心理学者アブラハム・H・マスローは、このことを指して「無我の認識」と称し、自我中心ではなく、対象中心であると、著書「完全なる人間 魂のめざすもの」の中で書いている。自分ではなく他人のことを思う心である。この無我の認識に達する時、人は至高の経験をするというのだ。あなたが家族の幸せのために投資を始めたのであれば、功利主義(快楽主義)のパラドクスを受け入れ、努力を始めよう。それこそが、あなたと家族に最大の幸福をもたらすのだ。

 

人生において、私たちは何に幸福の増大を見るのだろうか。ある人は、自由で無限の可能性に幸福の増大を見るので、自分の人生を自分でコントロールすることを好む。一方で、人生を自分でコントロールすることこそリスクと考え、組織や人に属しながら安定を好む人もいる。これは、何が快楽かと考えるのではなく、何に快楽を見出すかという主観の違いからやってくる。大切なことは、あなたが時間の無駄なく幸福を増大させ人生を楽しむことだ。あなたが自分の幸福の増大、最大多数の幸福の増大に目を向け行動する時、あなたの人生は楽しくなるのだ。

 

もう一度自分の心に聞いてほしい。あなたの人生は楽しいですか?

(FX攻略.com 2014年4月号掲載)

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket

(ライター:104m)