2015年05月19日

第34回 継続は力なり:成功はいつ訪れるのか?

私たち個人投資家は「利益を上げる」という目標に向かって、投資に取り組んでいる。投資を取り巻く環境の中で、「簡単に儲かる」という情報は非常に多いが、実際に簡単に目標に達し、利益を上げ続ける人などいない。目標がすぐに達成できないとなれば、目標に向かって進み続けるしかない。

 

しかし、多くの人にとって、続けることは最も難しいことの1つである。1つのことを続けられないということは、結局、その道を諦めることと同様である。投資を続けられずに成功を諦めてしまう人は、おそらく次に何かトライしても、なかなか続けることは難しくなるだろう。続けることができないということは、成功から遠のくことを意味している。お金を儲けるためなら、企業で働くなり、事業を起こすなり、他にいくらでも方法はある。あなたはその中から、敢えて投資を選んだのである。ここで簡単に諦めるわけにはいかない。何としても成功するしかない。目標が達成できなければ、できるまで続けるだけだ。アメリカの教育家であるエルバード・ハバードは「天才とは、ただ、努力の継続のできる人のことをいう」と言っている。成功は、向こうから勝手にやってくるわけではない。あなたが努力を継続させた、その先にある。

(FX攻略.com 2014年5月号掲載)

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket

(ライター:104m)