2014年11月24日

第9回 投資のゴール:投資も人生も同じ

分かれ道とビジネスマン

「投資は人生の縮図だ」と言われることがある。ゴールを決めて、1つ1つの小さい目標を達成することで、確実にゴールに向かって進むことは、私たちの人生におけるゴールへの歩みと全く同じである。

 

投資のゴールとして1億円などと金額を設定する人も多いだろう。もちろん、その人が目指す真のゴールであれば、何ら否定するものではない。ただひたすらその金額を手に入れるために、トレードを続ければよい。一方で、一定のお金を得ることが目的ではなく、そのお金を手に入れた先にある喜び、安心、幸せという感情を得ることが目的の投資家も多い。その情緒的なゴールは一見つかみどころがないが、ここから目を逸らすことなくゴールに到達する熱意が欲しい。1つのゴールに辿り着いた時には、そこで止めることも、新しいゴールを設定し、再度歩き出すこともできる。

 

全ての投資家は、投資で成功したい、勝ちたいと思っている。ならば、何をもって成功や勝利とするのか決めなければ、それを手に入れるために必要な戦略や戦術は何なのかを知ることもできない。ゴールが明確に決まっているからこそ、そこに到達するために必要な戦略、戦術、ツール、情報を収集することができるのである。ゴールなくして、投資は始まらないのだ。

 

(FX攻略.com2013年8月号掲載)

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket

(ライター:104m)