2014年10月13日

「相場サイクルの基本 メリマンサイクル論」

81KoDXSNE1L

 

「相場サイクルの基本 メリマンサイクル論」

レイモンド・A・メリマン 著  皆川弘之 訳 投資日報出版株式会社

株式、FX、商品全ての市場 初級者、中級者、上級者向け

 

金融市場に存在する価格変動のサイクル(安値から安値までの値動き)の存在、特性、セオリーを、著者自身の検証により体系的にまとめあげた本。書籍というよりも、内容や表現は経済論文に近い。

 

金融占星術の国際的権威である著者が、長年の経験から金融市場の値動きのサイクルのセオリーを解き明かし、その事実と理論を学ぶことができる。あくまでもこの内容は、統計学として確認された実証の中に、ある種の規則性を見出したものであり、推論ではなく統計理論である。

 

その実証された統計理論の規則性には、驚くものが隠れている。数多く存在する、投資の理論とは一線を画し、違った視点、別の次元の値動きの分析、確認方法を提供してくれる内容であり、全てのトレーダーが読むに値するものである。この本の内容を理解すると、目の前で繰り返される金融市場の値動きが、1つの流れとして全く違う理解に到達する。

 

書籍というよりも経済論文に近いと書いたように、ボリュームが本編約110ページ、文字数も少なく、それゆえ読む者は、その行間に隠された無限の可能性を引き出せるように、自ら考え、想像し、時にはチャートと突き合わせながら読むことが必要である。また事実やセオリーを淡々と書いているので、著者の意図や真意を読み取ることが難しいところが、難点である。

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket

(ライター:104m)