2016年02月12日

ソロスの錬金術 著者:ジョージ・ソロス 

411EKA8BKJL

ソロスの錬金術 著者:ジョージ・ソロス 総合法令出版株式会社
株式、為替、商品、全ての市場の投資家向け 初級、中級、上級、全ての投資家向け

 

世界で最も偉大な投機家、ジョージ・ソロス氏が書いた珠玉の1冊。ソロスがクォンタム・ファンドのファンドマネージャーとして1986年から1993年までに記録した業績に対するオッズは473億対1(本書「推薦の言葉」 ポール・チューダー・ジョーンズ二世より)と言われ、その破壊的、天文学的なパフォーマンスの真髄を読める本である。

 

ソロス氏は、初版の前書きで「本書は本当の意味で私のライフワークである」と書き出しており、ソロス氏のこの書籍に対する思いと姿勢からも、ぜひ全ての投資家に読んで欲しい1冊といえる。「金融市場は常に間違っている」という言葉に代表されるように、いかに市場の価格および投資家の行動が矛盾に満ちているかを、ソロス氏自身の明快な理解に沿って解説しており、この解説は他に例を見ない特異なものであり、ある種の心理といえる。そして、ソロス氏の圧倒的なパフォーマンスが物語る通り、ソロス氏の考えは正しく、市場は間違っていることになる。

 

ソロス氏が最も大きく取り上げているのが、ソロス氏自身が作り上げた「再帰性(再帰機能)」と呼ばれる概念であり、この理論は非常に興味深い。この理論を一言で解説するのにふさわしい言葉はなく、ぜひ本書を読んで、その理論に触れて欲しい。この理論が作り上げられたのは、ソロス氏の「自己を意識し、自己を理解することに強い関心を持ち、自分自身を理解することが最も重要な課題であると考えた」というバックボーンがあったからだと考えられる。このソロス氏のバックボーンは、「汝自信を知れ」という、古代ギリシャの格言に通じるものであり、ソロス氏が深く哲学に傾倒したことをうかがわせるものだ。

 

「錬金術」という名称を用い、ソロス氏自身の金融投資術を解説しながらも、哲学書でもある1冊といえる。また本書が執筆された時期が、1980年代後半であり、19859月のプラザ合意、198710月のアメリカのブラックマンデー、1989年末の日本のバブル崩壊など、金融市場における歴史的な転機にリアルタイムに書かれたことも、ソロス氏の深い洞察に触れることができ、「珠玉の1冊」と称される所以である。中でも、日本の市場や金融当局に関する記述も随所に見られ、非常に学ぶことの多い本と言える。ウォーレン・バフェット氏とは、全く異にする内容ながら、投資家として必ず何度も読み返して欲しい本だ。哲学的な表現や考えも多く、非常に難解な部分があることが、本書のハードルを高くし、また楽しい部分でもある。私にとっては、生涯の座右の書の1冊に出会えた。

 

目次
謝辞
新版のための推薦の言葉 ポール・A・ボルカ―
推薦の言葉 ポール・チューダー・ジョーンズ二世
新版のための序文
新版のための前書き


第一部    理論編
第1章     株式市場における再帰性
第2章     為替市場における再帰性
第3章     信用・統制サイクル


第二部    歴史的な見通し
第4章     国際的債務問題
第5章     協調融資体制
第6章     レーガンの帝国主義的循環
第7章     銀行システムの発達
第8章     アメリカの寡占化

 

第三部    リアルタイムの実験
第9章     実験開始-19858
第10章    第一実験-19858月~12
第11章    コントロール期間-19861月~7
第12章    第二実験-19867月~11
第13章    結論-198611

 

第四部    評価
第14章    金融錬金術の展望―実験の評価
第15章    社会科学の苦悩

 

第五部    処方箋
第16章    自由市場vs規制
第17章    国際中央銀行を目指して
第18章    規制改革のパラドックス
第19章    1987年の大暴落

エピローグ

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket

(ライター:104m)