2015年05月25日

億万長者を目指す バフェットの銘柄選択術

index

億万長者を目指す バフェットの銘柄選択術
メアリー・バフェット、デビッド・クラーク 著 井出正介・中熊靖和 訳

日本経済新聞出版社

株式市場 初心者、初級者、中級者向け

 

世界一の株式投資家、オマハの賢人ことウォーレン・バフェットの具体的な銘柄選択方法を紹介し、ワークブック形式で身につけていく本。訳者あとがきにも書かれている通り、他のバフェット本には実践的な銘柄選択の手引書が皆無であり、この本はまさにバフェットの銘柄選択の実践的手引きがそのまま学べる本。具体的な各種投資対象銘柄の将来的な期待収益率などの算出方法も詳細に解説され、かつ具体的な算出用のワーク(例題)も多数掲載されており、読み、書くことでそのままバフェットの投資法を身につけることができる。

 

他の多くのバフェット本でも、バフェットの卓越した投資対象銘柄の選択について学ぶことができるが、それらとは明らかに一線を画した、実践的解説書といって良い。他の書籍と同様に、この内容を一読し、参考にするだけでも、決して負けない株式投資を実践できることを痛感させる良書である。

 

株式投資の銘柄選択については、多種多様な手法や考え方が存在するが、この本で書かれていることを理解すると、他の銘柄選択が実に希薄に思えてくる。それだけインパクトと力を持った方法が解説されている。この本も、株式投資の利益を志す、全ての投資家に読んで欲しい一冊である。

 

 

目次

はじめに

 

基礎編 バフェットの銘柄選択

第1章 市場からの永遠の贈り物-短期志向と悪材料現象

第2章 バフェットが重視する優良企業とは

第3章 コモディティ型企業は避けよう

第4章 消費者独占型企業とは-バフェットの富の源

第5章 消費者独占型企業を見分ける8つの基準

第6章 消費者独占型企業の4つのタイプ

第7章 絶好の買い場が訪れる4つのケース

 

応用編 バフェットの方程式

第8章 なぜ安値で買うことが大切なのか

第9章 利益は安定して成長しているか

第10章 買値こそ投資収益率の鍵を握る

第11章 利益成長率から見た企業の実力

第12章 国債利回り以下では投資と呼べない

第13章 バフェットが高ROE企業を好む理由

第14章 期待収益率の水準で投資を判断する

第15章 コカ・コーラ株の期待収益率と実績

第16章 疑似債券として見た時の株式

第17章 利益成長率から期待収益率を求める

第18章 自社株買戻しが株主の富を増やす仕組み

第19章 本業による利益成長か財務操作か

第20章 経営陣の投資能力評価

第21章 インターネット時代のアービトラージ戦略

第22章 バフェト流投資のためのワークシート

第23章 3つのケーススタディ

 

訳者あとがき

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket

(ライター:104m)