2014年10月20日

細野真宏の世界一わかりやすい株の本

index3

細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編 著者 細野 真宏  文藝春秋 本体952円+税
株式市場 初心者、初級者向け

著者は、経済のニュースを分かりやすく解説する書籍で相次いでベストセラーを記録し、その実績と自身の投資経験の中から、本書籍が執筆されるに至った。タイトルにもある通り、書かれている内容は、確かに分かりやすい。それゆえに、解説されている内容の知識は身につくが、それを身につけたからといって、株式投資で利益を上げるために十分なものにはなっていない。つまり、知識は身につくが、それだけの内容である。株式投資への知識を増やすわかりやすい本である。

 

著者自身が投資で成功した実例が紹介されているので、実際に利益を上げた手法や解説ではあるが、それは執筆された時代背景によるものが多いと考えられる。本書が執筆、発売されたのは2004年~2005年にかけてあたりであり、その当時の国内株式市場は右肩上がりの上昇を続けており、特別な分析や手法を駆使しなくとも、買えば価格が上昇し、利益が拡大していた背景があった。そのような環境認識を行うことができれば、本書に書かれていることの意味も、さらに理解が深くなると考えられる。

[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る
Pocket

(ライター:104m)